初心者向け

【仮想通貨】初心者でもわかるレバレッジ取引(BTCFX)で使う専門用語集まとめ!

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

レバレッジ取引(FX)で使う用語やツイッターでよく使われている用語を初心者でもわかるようにまとめました!

この記事を一通り読めばトレードするときに困りません。

わからない用語や知らなかった用語があれば遠慮なく言ってくださいね!

取引所で使われる用語集

ポジション(建玉)

注文が成立して利益または損失が出る状態になる。

「ポジションを持つ」と言う。

ロング(買い)

価格が上昇すると予測して買いの方向で取引すること。

ロングポジションやロンガーとも言う。

ショート(売り)

価格が下落すると予測して売りの方向で取引すること。

ショートポジションやショーターとも言う。

証拠金

取引をするための担保として預けている資金。

ロスカット

証拠金が一定の割合以下になったときに、強制的にポジションを約定される。

ロスカット率は、取引所によって違うので注意が必要。

追証(おいしょう)

証拠金よりも含み損の金額が超えた場合に、不足している分を支払う必要がある。

追証制度がある取引所とない取引所がある。ない取引所のほうが安心。

スプレッド

買い価格と売り価格の差の金額。差が小さいほうがよい。

スプレッドの分だけポジションを持ったとき、損をしている状態になるため。

利確

利益確定の略。利益が出ている状態で決済すること。

損切り

利益がマイナスの状態で決済すること。

約定

注文していた取引を決済(利確・損切り)すること。

Bid(売り)

売りのときの価格表示。

Ask(買い)

買いのときの価格表示。

スリッページ

注文した価格と注文が確定して取引された価格の差のこと。

会話でよく使われる用語集

狼狽(ろうばい)

急な相場の動きに慌てて取引すること。

「狼狽買い」「狼狽売り」とも言う。

イナゴ

だれかの情報やタイミングに乗っかって投資すること。

ドテン

自分が持っていたポジションを約定して反対のポジションを持つこと。

ロングポジションからショートポジション=ドテンショート

ショートポジションからロングポジション=ドテンロング

逆張り

いま動いている相場と反対の方向にポジションを持つこと。

順張り

いま動いている相場と同じ方向にポジションを持つこと。

クジラ

ビットコインを大量に保有している一部の人達。ヤバい。

ヤクザ

大量の資金を持つ投資家。多額の資金で相場を狙って動かしたりする。

焼ける

損すること。

会話例「ショーターに焼かれた…」

まとめ|初心者でもわかるレバレッジ取引(BTCFX)で使う専門用語集

取引所やツイッターなどでよく使われている用語をまとめてみました。

他にも使われている用語を見つけたら随時追加していきます。

始めたばかりの人でわからない言葉や知らなかった言葉があれば言ってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です