初心者向け

いまさら聞けない仮想通貨の販売所と取引所の違いとは?メリット・デメリットを解説

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を買うときにどうやって買ってますか?

取引所には、「取引所」方式と「販売所」方式があるって知ってましたか?

もし、知らずに仮想通貨を始めているなら損している可能性があります。

仮想通貨は、「取引所」と「販売所」を使い分けることで、有利に取引をすることができます。

いまさら聞けないかもしれませんが、知っておいたほうがいいので今回は初心者でもわかりやすいように、画像を使って解説します。それぞれ、メリットとデメリットがあるので覚えておきましょう。

この記事を読めば、仮想通貨で大事な知識である「取引所」と「販売所」の違いを知ることができます。

「販売所」と「取引所」の違いとは?

「販売所」は直接お店から売買する

「販売所」は、簡単に言うと店舗のようなもので取引所の中の一部の機能です。なので、取引所の中には販売所が無い取引所もあります。

販売所に表示されている価格で、そのまますぐに買うことができます。

(知っているかもしれませんが、ビットコインなどの仮想通貨は、1000円くらいから買えます。)

販売所が持っていて販売している仮想通貨を買うので、自分と販売所とのやり取りだけになります。

「取引所」はユーザー同士で売買する

取引所の場合は、わたしたちのような個人同士で売買します。

個人と個人が、それぞれ買いたい価格と売りたい価格を注文に出し、注文が成立したら取引されます。

この取引する場所が「板」と呼ばれていて、取扱所にある「板」で注文をします。

販売所のメリット・デメリット

販売所のメリット

  • すぐに買いたい通貨が買える。
  • 簡単に買うことができる。
  • 買うときの値段がわかる。

販売所は、コンビニで商品を買っているように、簡単に仮想通貨を買うことができます。

実際はネットなので、ネットショッピングの感覚で購入することができます。

値段も表示されている通りなので、わかりやすいです。

あと、多額の資金でも取引所と違ってすぐに購入することができます。(多額の資金って引くレベルの額です)

販売所のデメリット

販売所で買うより高い。

たぶん、これだけです。どれくらい高いかは、相場によって違うので細かく言えませんが、数%くらい違ったりします。

ただ、少額な場合や頻繁にトレードするわけではないならそこまで気にしなくていいと思います。

取引所のメリット・デメリット

取引所のメリット

  • 販売所より安く買える
  • 自分の買いたい価格で買えたりする
  • 注文しておけば、自動で買える

取引所は、自分が買いたい価格を指定して通貨を買うことができます。

なので、安い価格で買えたりしますし、注文しておけば、相場がその価格になったときに購入することができます。

仕事があったり、用事で操作できないときでも注文しておけば購入できるので便利です。

取引所のデメリット

  • 手順を覚えるのがめんどくさい
  • すぐに買えないこともある
  • 注文した価格と少し違ったりする

取引所は、自分で注文する必要があります。

はじめて操作する人は慣れるのに少し苦労するかもしれませんが、慣れたら簡単なので覚えたほうがいいです。

自分が買いたい価格を注文しても、その価格で売ってくれる人がいなければ当然、買うことができません。

買う量が多いと、買いたい価格を注文しても、若干買いたい価格と前後したりするときがあります。

まとめ|販売所と取引所は上手く使い分けよう

基本的には、取引所を使ったほうが安く買うことができます。

ただ、少額だけ購入する場合や多額の資金で購入するとき、すぐに買いたい場合は販売所がいいでしょう。国内の取引所には、すべてビットコインの取引所があります。

しかし、アルトコインは海外にしか取引所がないものもあります。

取引所によって、扱っている通貨が違うので、いくつかの取引所を登録しておくことをオススメします。

とりあえずビットコインを買ったり、複数のアルトコインを買ってみたいなら、セキュリティが世界No.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がオススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です