初心者向け

【買い方】ビットコイン(BTC)を一番安くお得に買えるおすすめの取引所ランキング

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)ですよね。

ビットコインは、すべての取引所で取り扱われているのでどの取引所でも買うことができます。

海外取引所でビットコイン以外の通貨=アルトコインを買うときには、日本円で買うことはできません。

ビットコインで取引できる取引所がほとんどです。

国内取引所で日本円でビットコインを購入、ビットコインを海外取引所へ送金、ビットコインでアルトコインを買うという流れです。

つまり、ビットコインを安く買うことができればその分アルトコインも安く買えるということです。

ビットコイン(BTC)を安く買えるおすすめの取引所ランキング

1位|Zaif(ザイフ)
こんな人におすすめの取引所
  • とにかく安くお得にビットコインを買いたい
  • 自動で仮想通貨を買いたい
  • 他のアルトコインも安く買いたい
総合評価
使いやすさ
手数料
通貨の取引量
セキュリティや信頼度

評判やメリット登録方法や使い方

Zaif(ザイフ)は、ビットコインの取引手数料がmaker(メイカー)もtaker(テイカー)どちらでもマイナスです。

ビットコインを買うときに、無駄な手数料を払わなくていいのでお得です。

ビットコインの取引手数料がマイナスになるのはザイフだけです。

さらに、コイン積立というシステムもあるので、自分が決めた分だけ毎月自動で口座引き落としで買うことができるので楽です。

ビットコインの他にも、人気の通貨であるネムやモナコインもお得に買うことができます。

Zaif(ザイフ)公式サイト

2位|bitFlyer(ビットフライヤー)
こんな人におすすめの取引所
  • 簡単にビットコインを買いたい
  • 盗難が心配で始められない
総合評価
使いやすさ
手数料
通貨の取引量
セキュリティや信頼度

評判やメリットなど登録方法や使い方

bitFlyer(ビットフライヤー)は、セキュリティが世界No.1で盗難補償も付いており、取引高も日本でNo.1なので取引に困ることがないのでオススメです。

販売所なら手数料が無料ですが板取引よりも高い場合が多いです。

なので、板取引での購入をオススメします。板取引では、手数料が取引量に応じてかかります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の盗難補償は、

預けている資金が100万円以下なら10万円まで、100万円以上500万円以下なら500万円まで補償されます。

さらに、セキュリティが世界No.1と評価されているので、セキュリティが心配な人や初心者にはオススメです。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

3位|bitbank(ビットバンク)
こんな人におすすめの取引所
  • 手数料を気にせず買いたい
  • 簡単に買いたい
  • 他のアルトコインも買いたい
総合評価
使いやすさ
手数料
通貨の取引量
セキュリティや信頼度

評判やメリット登録方法や使い方

bitbank(ビットバンク)は、取引手数料がすべて無料なので、手数料を気にしなくていいところがメリットです。

ビットコインの取引量が上記2つに比べて多くないので、取引量が多いとすぐに買えないことがあるかもしれません。

サイトが見やすくて使いやすいので初心者でも直感的に使えるのでオススメです。

ビットコインの他にも、人気の通貨であるリップルやビットコインキャッシュをお得に買うことができます。

bitbank(ビットバンク)公式サイト

番外編|簡単にビットコイン(BTC)が買える取引所

紹介した3つの取引所以外で、ビットコイン(BTC)を購入できる国内取引所は以下の取引所です。

上記の取引所は、すべて販売所方式なのでお得に購入するという点では、あまりオススメできません。

ですが、はじめて仮想通貨をやる人やとりあえず買ってみたい人は、日本円で簡単に購入することができるのでオススメです。

取引所について知っておこう

販売所と取引所(板取引)の違いとは?

販売所と取引所(板取引)について

取引所によって違いますが、販売所方式と取引所(板取引)方式があります。

両方ある取引所もあります。海外取引所は、板取引のみです。

基本的には、板取引で売買したほうがお得です。

販売所

取引所から直接買う、ネットショップのようなイメージ。

売買価格に大きな差があるときが多いので、取引所で買うより割高になってしまうことが多い。

メリットは、簡単ですぐに買えること。

取引所(板取引)

その取引所の利用者同士で、取引所の板を利用して、自分で買いたい価格を注文して売買する方式。

やり方を覚えれば簡単で、注文が成立すれば自分の買いたい価格で買えるのでお得に買うことができる。

デメリットは、大きい取引量だとすぐに売買できないことがある。

▼取引所と販売所のメリット・デメリットについて詳しく知りたい人はこちら

いまさら聞けない仮想通貨の販売所と取引所の違いとは?メリット・デメリットを解説こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです! ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を買うときにどうやって買ってますか?...

取引所の手数料について

販売所は、売買するのに手数料はかかりませんが、「買い価格」と「売り価格」に差があるので気をつける必要があります。この差をスプレッドと言います。

板取引の手数料には、maker(メイカー)とtaker(テイカー)があって、取引所によってそれぞれ手数料が違います。

maker(メイカ―)

板取引にない価格の注文を自分で出して取引すること。

taker(テイカー)

板取引にある価格の注文で取引すること。成行注文も同じです。

▼詳しくしりたい人はこちら

maker(メイカー)とtaker(テイカー)とは?意味や違いを誰でもわかるように解説! この記事を読めば、「maker(メイカー)」と「taker(テイカー)」について知ることが出来ます。 板取...

取引所間でビットコインの価格に差が生じることもあります

現在は、そこまで取引所間で価格差があまり無いです、あっても数千円程度。

トラブル起きたときや暴騰・暴落したときに価格差が大きくなったりします。

その差を利用して取引して稼ぐことをアービトラージと言います。

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

引用:SMBC日興証券

複数の取引所の登録が重要になってきます。

自分が買いたいときに一番安い取引所を利用するのが一番お得に買うことができますが、日本円を入金している間に価格が変動して変わることもあるので注意が必要です。

以下のサイトは、取引所それぞれの価格が見られるので参考にしてください。

https://jpbitcoin.com/markets

https://inagoflyer.appspot.com/btcmac

アプリでは、「コイン相場」が便利です。

コイン相場 - ビットコイン&仮想通貨アプリ
コイン相場 – ビットコイン&仮想通貨アプリ
無料
posted with アプリーチ

まとめ|ビットコインを安く買いたいなら上手く取引所を利用しよう

ビットコインは、すべての取引所で取り扱われているので上手く取引所を利用して少しでも安くビットコインを買えるようにしましょう。

少しでもお得に買いたいならZaif(ザイフ)、なるべくリスクを減らしたいならbitFlyer(ビットフライヤー)にするといいです。

どちらの取引所もよく使われているので、どちらも登録しておくのがオススメです。

暴落や暴騰時には、価格が大きく変動して取引所間に大きく差が出ることがあります。

そのときに複数の取引所が利用できる状態なら稼ぐことができます。

なので、要所で使い分けて有利に取引できるように複数の取引所を登録しておくことをオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です