仮想通貨銘柄

ファクトム(FCT)とは?特徴・問題点・今後の将来性や取引でき取引所について

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

Factom(ファクトム)は、文書などのデジタルな情報をブロックチェーン技術を使い、便利に安全に保管することを可能にするための通貨です。

この記事を読めば、ファクトム(FCT)について大まかな特徴を知ることができます。

ファクトム(FCT)とは?概要と特徴・問題点

ファクトム(FCT)概要

名称 ファクトム
単位 FCT
発行上限 無制限
承認システム方式
ブロック作成速度

 

ファクトム(FCT)の特徴

最初に述べたようにファクトムはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨とは性質が異なります。

  • 様々な文書や記録をブロックチェーン上に保管する
  • DLOC by SMARTRAC
  • Factom Harmony(ファクトム・ハーモニー)

様々な文書や記録というのは、医療や貸付記録、契約情報などの自分達が普段使っているような情報です。

これらの情報は機密情報であり、漏洩や複製されてはいけませんがたまにニュースでも見かけるようにハッキングなどにより情報が漏れたりしてしまっているのが現状です。

情報を管理している側も、お金をかけてセキュリティ対策をしても防ぎきれなかったりしているのが現状でコストも膨大な費用がかかっています。

そこでファクトムにより機密情報をブロックチェーン上に置いて安全性を確保するというものです。

ファクトムを利用する手数料として「Entry Credit」が必要になってきます。

この「Entry Credit」を手に入れるにはファクトムと交換するしか方法はありません。

手数料としてファクトムを使わずに「Entry Credit」を利用することにより利用手数料を一定価格に設定することができます。

DLOC by SMARTRACとは?

SMARTRACという企業と共同開発で進めている機能です。

なにができるのかというと、個人の情報や医療履歴・土地の証明などのオフラインの情報とオンラインを繋げることができます。

上記のようなオフラインの書類をDLOCステッカーと呼ばれるものに取り込みます。

DLOCステッカーを読み込むことで取り込んだ情報を見ることができます。

この情報は、ブロックチェーン上に管理され改ざんや不正ができないものなので安全です。

つまりDLOCステッカーがあれば書類の管理もいらないしどこへ行ってもDLOCステッカーを読み込むことで情報を開示することができます。

Factom Harmony(ファクトム・ハーモニー)

これは米国の住宅ローン向けに開発されている機能です。

住宅ローンの契約をするときに100枚以上の書類が作られ、その間にいくつもの業者が入ります。

その中で改ざんが起きても気づきにくいこと、コストがかかってしまうことを無くすために開発されています。

このFactom Harmony(ファクトム・ハーモニー)が実用化されると、第3者の介入もなく安全に取引を行うことが可能になります。

ファクトム(FCT)の問題点

まだ開発段階なのでどうなるのかはわかりません。

DLOCも素晴らしい機能なのですが悪用された場合を考えると、まだリスクがあると思います。

ファクトム(FCT)が取引できる取引所

国内の取引所では、Coincheck(コインチェック)でのみ購入することができます。

お得にファクトム(FCT)を買うなら、以下の海外取引所がオススメです。

まとめ

将来的に機能が実装されて、安全面も保障されることになれば価格は上昇しそうです。

ファクトムの機能を利用するための「Entry Credit」はファクトム(FCT)としか交換ができないので価値も下落することは考えにくいです。

ですが、まだ安全面では不安なところが残っているのでなにか不祥事が起こったときには暴落が予想されます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です