仮想通貨銘柄

ライトコイン(LTC)とは?特徴・問題点・今後の将来性や取引できる取引所について

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

Litecoin(ライトコイン)は、ビットコインより優れている上位版だと考えてください。特徴は、ほぼビットコインと同じです。

ただ、兄より優れた弟が存在しないとジャギが言ってますが、この先どうなるかはわかりません。

この記事を読めばライトコイン(LTC)について大まかな特徴を知ることができます。

ライトコイン(LTC)とは?

名称 ライトコイン
単位 LTC
発行上限 8400万
承認システム方式 PoW
ブロック作成速度 150秒

ライトコイン(LTC)の特徴について

  • ほぼビットコインの上位版
  • セグウィット(SegWit)を実装している

ビットコインの上位版とは?ビットコインとの比較

ビットコインと同じように承認方式はPoWを使ってます。

ビットコインより優れている点は、ブロック生成速度が1/4の2.5分でセグウィット(SegWit)を実装しているということ。

セグウィット(SegWit)は取引処理能力を向上させる機能ですが、最近では他の仮想通貨にも実装されています。

さらに発行枚数がビットコインの4倍の8400万LTCということです。

それだけ量があるということは価値の希少性が薄くなり、価格の高騰がしにくいということです。

ライトコイン(LTC)の問題点

ビットコインの上位版ではありますが、まだまだ周りの対応がされていない状態です。

仮想通貨本来の目的である通貨としての役割はライトコインの方が理想に近いとは思うのですがビットコインが基軸になっている限りまだまだ伸びることはなさそうですね。

ライトコイン(LTC)が取引できる取引所

ライトコインが取引できる国内取引所は以下の通りです。

お得にライトコイン(LTC)を買うなら、国内取引所はbitbank(ビットバンク)がオススメです。指値注文や成行注文ができて、どちらも手数料が無料なのでオススメします。

▼ライトコインを安く買えるおすすめの取引所ランキング

あわせて読みたい
【買い方】ライトコイン(LTC)を一番安くお得に購入できるおすすめ取引所を紹介!こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです! ライトコイン(LTC)を安くお得に購入できる取引所をランキング形式で紹介しま...

まとめ

仮想通貨がもっと広がれば、通貨として普及するのはライトコインが必要な気はします。それを表すように他のアルトコインと比べて対応している国内取引所が多いです。

ですが、投資対象としてはいまいち伸び悩むというのが正直な感想です。

アルトコイン全体の底上げにより価格は上昇しましたが、爆発的な上昇はなにかない限りなさそうです。

なにか暴騰の材料がない限りは保持はしない立ち回りでいこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: