初心者向け

ビットコイン(BTC)とは?分かりやすく簡単に説明!画像付きで初心者でもわかる!

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

仮想通貨といえばビットコインですが、難しい専門用語が多く分かりにくいと思うので、なるべく重要な要点だけをまとめて、初心者でもわかるように説明します。

この記事を読めば、ビットコインがどういうものか、どうして世界中の人々がビットコインに投資をするのかわかるはずです。

ビットコインの仕組みやより詳しい解説は、それぞれ別の記事を紹介しているので、見てください。

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコインについて知る前に、勘違いでよくあることを説明しておきます。

ビットコインの基礎知識
  • 仮想通貨は、日本円やドルのような法定通貨と同じように、通貨として利用できる。
  • 仮想通貨=ビットコインではない。
  • ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ぶ。
  • ビットコインは誰でも簡単に少額からネットで買える。

実際に通貨として価値がある

日本円やドルなどの法定通貨が、物やサービスを買えるように、ビットコインなどの仮想通貨も同じように物やサービスを買うことができます。ビットコインで支払いをするためには、店舗や売る側が対応していないと支払うことができないので利用はできません。

クレジットカードのように店舗側が対応していなければ現金でしか支払うことができません。簡単に言えば、口座にある分のお金しか使えないデビットカードと似ています。

仮想通貨が投資の対象ではなくもっと一般的に扱われるようになって、対応する店舗が増えればより、通貨としての需要が高まるでしょう。

ビットコイン以外の通貨はすべてアルトコインと呼ぶ

仮想通貨は、2008年にサトシ・ナカモト氏と呼ばれる人物の論文から作られたものがビットコインです。つまり、ビットコインが世界ではじめての仮想通貨であり、特別な存在なのです。

だから、ビットコイン以外の仮想通貨はまとめてアルトコインと呼ばれています。

「イーサリアム(ETH)」や「リップル(XRP)」、「ネム(XEM)」などのビットコイン以外の仮想通貨はすべてアルトコインです。

ビットコインは取引所からだれでも数百円から買える

ビットコインは、だれでも数百円からネット上の取引所を利用して買うことができます。取引所は、だれでも登録して利用することができます。

これを知らない人が、詐欺などの被害に合うため仮想通貨が怪しいものとして誤った情報が流れています。その他にも、仮想通貨が怪しい、詐欺、ねずみ講だと言われる理由はありますがそれについては別の記事で解説しているので疑っている人は読んでください。

仮想通貨は、基本的に個人のやり取りなので他人を通さなくても自分で買うことができます。

ましゅめろ
ましゅめろ

1口〇万円とか、利回り〇%でビットコインが買えるなどといった情報は、ほぼ100%詐欺なので気を付けてください。自分でビットコインを買うようにしましょう。

ビットコイン(BTC)の仕組みを簡単に

ビットコインの2つのポイント
  • 特定の管理者がいない非中央集権である。
  • ブロックチェーン技術による改ざん不可な安全性。

ビットコインの仕組みは、こんな簡単にものではありませんが知っておくべきポイントが上記の2つです。

非中央集権である

ビットコインは、銀行や政府のように特定の企業や団体が管理していないので、企業が無くなったり特定の団体の都合のいいように仕組みを変更したえいすることが難しいとされています。

全世界の人々が平等にビットコインを使えるように作られました。

ブロックチェーン技術による安全性

ブロックチェーンと呼ばれる技術により、取引の安全性が保たれています。ハッキングをしても改ざんすることは、ほぼ不可能です。

ビットコインを買う・売る・送るなどのすべての取引はネット上に記録・保管され、公開されているので、全世界のすべての人々が見ることができます。このため、改ざんすることが現実的に不可能だと言われています。

ビットコインが投資目的として買われている理由

仮想通貨と呼ばれるビットコインですが、まだまだ通貨として利用するために買う人は少なく、投資を目的として買う人が多いです。

投資目的としてビットコインを買う主な理由が以下の3つです。

ビットコインが買われる理由
  • ボラティリティが大きい。
  • 24時間365日取引ができる。
  • ビットコインは発行量に上限がある。

ボラティリティ(価格変動幅)が大きい

ビットコインに限らず、仮想通貨全体に言えることですが、とにかくボラティリティが大きいです。

ボラティリティとは、価格変動幅のこと。

みなさんがトレードと言って想像するのは「FX」ではないでしょうか?FXの代表といえる、「日本円/米ドル」の1日の価格変動幅は、大きなニュースやイベントがあったとき以外は数%くらいです。

それに対して、ビットコインは、ほぼ毎日10%以上は変動しています。大きなニュースやイベントが発表されたときは30%以上も変動します。

アルトコインに至っては、1日で100%以上(2倍以上)を超える価格の動きをしたことが過去に何度もあります。大きな変動では、最低価格から最高価格まで1900倍に高騰した通貨もあります。

そのため、ボラティリティを狙って短期的に利益を狙ってビットコインを買っている人もいます。

土日関係なくいつでも取引をすることができる

株式やFXは、土日や深夜は取引所が停止して取引することができません。

仮想通貨は、土日も深夜も24時間365日取引をすることが可能です。つまり、いつでも世界中で取引されています。日本の会社員は土日が休みな方が多いですが、参加できるのも大きなポイントです。

ビットコインには2100万枚までの発行上限がある

実は、ビットコインには2100万枚といった発行上限があります。これ以上は、ビットコインが増えることはありません。

現在はすでに1700万枚発行されている状態です。新規発行の仕組みについては、マイニングと呼ばれるシステムによって発行されます。

世界中でビットコインの認知度が上がり、ビットコインを欲しいと思う人が増えれば需要が高まり、数に限りのあるビットコインは価値が上がっていくしかありません。

これが長期投資として、ビットコインを買う主な理由です。

ビットコイン(BTC)の問題点

ビットコインの問題点とは
  • まだまだ通貨として利用しにくい。
  • 他の仮想通貨のほうが機能的に優れている点が多い。

まだまだ通貨として利用しにくい

ビットコインは、仮想通貨ですがまだまだ通貨として利用しにくいのが現状です。

その理由として、

通貨として利用しにくい理由
  • ボラティリティが大きい。
  • 対応している店舗がまだまだ少ない。
  • 取引に時間がかかる。

1日で数十%も価格が変動していては、普段の買い物で利用しにくいです。あと、ビットコインなどの仮想通貨での支払いに対応している店舗が増えてきたとはいえ、まだまだ一部で一般的には普及していないのが現状です。

取引を完了させるまでに時間がかかることがあります。それが送金詰まりと言われるもので、いまでは少しづつ解消されてきましたが、さらに利用者が増えれば、送金詰まりを起こすことが想定されています。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)のほうが性能的に優れている

ビットコイン以外の仮想通貨がアルトコインと呼ばれているように、ビットコインが特別な存在であり基軸通貨であることは間違いありません。ですが、あとから作られたアルトコインのほうがビットコインはよりも優れた性能を持っています。

例として、時価総額1位のビットコインに次いで、2位の「イーサリアム(ETH)」、3位の「リップル(XRP)」とビットコインから分裂して生まれた通貨「ビットコインキャッシュ(BCH)」を簡単に紹介します。

主要なアルトコイン

イーサリアム(ETH)

契約をデータ上に安全に保管して、契約を自動化できる「スマートコントラクト」という技術を持っている。

リップル(XRP)

低コストで高速な国際間の送金を目的とした通貨で、送金速度はビットコインの数百倍もある。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインから分裂して、新しくできた通貨。ビットコインよりも送金速度が速く、ブロック容量も大きい。

このようにビットコインよりも優れている通貨は、まだまだたくさんあります。

それなのに、ビットコインが使われている理由は、みんなが使っているから。という理由のみです。

各取引所もビットコインを基軸通貨としている取引所が多く、まだまだ有名じゃないアルトコインは、ビットコインでしか買えないことが多いからです。

ビットコイン(BTC)の買い方

ビットコインは、国内が運営している取引所、海外が運営している取引所、すべての取引所で取引することが可能です。

国内の取引所なら、どの取引所でも日本円でビットコインを購入することができるので、まずはビットコインを日本円で買ってみることから始めるといいです。

ビットコインを買う手順としては以下の通りです。

ビットコインを買う手順
  1. bitFlyer(ビットフライヤー)など取引所の公式サイトから必要事項を入力して登録する。(3分)
  2. 本人確認書類などを提出して口座開設の申請をする。(3分)
  3. 許可が降りて、ハガキが届くのを待つ。(届くまで数日から数週間)
  4. ハガキが届いたら取引可能になる。
  5. 日本円を入金してビットコインを買う。(3分)

これで、ビットコインを買うことができるようになります。手順を見てもらうとわかるように、申請をしてから数日から数週間かかります。2017年の年末みたいに新規参入者がたくさん申請していたときは、1ヶ月以上待った人もいるようです。

そのため、はやめに登録と申請をしておくことをオススメしています。

ビットコイン以外のアルトコインを買ってみたいと思っている人は、複数の取引所の登録をしておくといいです。複数の取引所に登録しておく理由は、以下の3つの理由です。

複数の取引所に登録したほうがいい理由
  • 取引所毎に扱っている仮想通貨の種類が違う。
  • 取引所間で価格が違うことがある。
  • 取引所の不具合が起きたときに備える。

上記のようなケースに備えて複数の取引所への登録をオススメしています。

どの取引所に登録しようか迷っている人は、ほとんどの人が利用している以下の取引所には登録しておくことをオススメします。わたしも実際に登録して利用していますし、国から正式に仮想通貨交換業者として認可も降りています。

オススメの国内取引所

セキュリティが世界No.1と認められており、保証制度もあるので安心して利用できる取引所。

ビットコインの取引手数料がマイナスで、ネムが日本円で買える唯一の取引所。

取引手数料が0円で使いやすく、リップルやモナコインなどの人気のアルトコインも日本円で買える取引所。

登録自体は、メールアドレスと身分確認できるものが必要なだけで3分あればできるので、はやめに登録しておきましょう。

ビットコインしか買うつもりがなく、まずは一つの取引所に登録してみようと思っている人は、セキュリティが世界No.1と認められているbitFlyer(ビットフライヤー)に登録するといいです。

まとめ|ビットコイン(BTC)を分かりやすく簡単説明してみた!

ビットコインの仕組みを完全に理解することはかなり難しいです。ビットコインのなにが注目されていて、なにが問題なのかを大まかに知っておくだけで十分です。

ビットコインを買うこと自体は、簡単にできるので、まずは取引所に登録して、実際に買ってみるともっと仮想通貨について知りたくなって面白くなります。

わたしの場合は、これくらいの記事を読んで、まず上記で紹介した取引所にすべて登録して少額だけ買ってみました。そのおかげで数十倍の利益を出すことができました。もちろん損をする可能性もあるので、余剰資金で少額から買ってみることをオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です