仮想通貨銘柄

イーサリアム(ETH)とは?特徴・問題点・今後の将来性や取引できる取引所について

こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです!

Ethereum(イーサリアム)は、様々な仮想通貨のプラットフォームとして活用されています。

この記事を読めば、イーサリアム(ETH)について大まかな特徴について知ることができます。

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアム(ETH)概要

名称 イーサリアム
単位 ETH
発行上限
承認システム方式 PoW
ブロック作成速度 約15秒

イーサリアム(ETH)の特徴

  • スマートコントラクト技術
  • 4段階アップデートによる機能更新
  • アプリケーション作成のプラットフォーム

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクト技術は、ブロックチェーン上の過去の取引に加えて契約情報も付与されます。

例えば、家を買うときは仲介業者や所有者などの様々な間で契約書を通して契約をすることになります。

それがスマートコントラクト技術により、契約書を通さずにブロックチェーン上で契約することが可能になります。

難しい…

要は価値のある物を第3者を通さなくても、スマートコントラクトが安全を証明してくれるので仲介しなくても直接取引ができるようになります。

詐欺などの犯罪も過去の取引をさかのぼることで危険か安全か判断してくれます。

そのため、仲介がいらないことと安全性の部分でコスト削減になるようです。

4段階アップデート

すでにイーサリアムは3段階のアップデートだある「メトロポリス」の1段階まで進んでいます。

アップデートは以下の通りです。

  • フロンティア
  • ホームステッド
  • メトロポリス(2段階)
  • セレニティ

アップデートされ、ゼロ知識証明が導入され匿名性の高い取引ができるようになりました。

だれにでも見られなくなるようにはなりましたが、契約としての安全性はそのままです。

そして「メトロポリス」の2段階目のアップデートによりイーサリアムの承認方式がPoWからPoSに変更されます。

イーサリアム(ETH)問題点

イーサリアムはセキュリティの弱さを狙われハッカーからの攻撃を受けています。

それによりハードフォークをすることになりました。

これによりできたものがイーサリアムクラシックと呼ばれるものです。

イーサリアム(ETH)が取引できる取引所

イーサリアム(ETH)は、国内取引所や海外取引所でほとんど扱っています。

海外取引所でもイーサリアム(ETH)と取引できることが多いです。

お得にイーサリアム(ETH)を買うなら、国内取引所ではZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)がオススメです。

おすすめの取引所一覧はこちらから見れます。

【買い方】イーサリアム(ETH)を一番安くお得に購入できるおすすめ取引所を紹介!こんにちは、仮想通貨でニートになる@ましゅめろです! イーサリアム(ETH)を安く購入できるおすすめの取引所をランキング形式で紹介...

個人的なまとめ|イーサリアム(ETH)の今後の将来性について

イーサリアムは企業にとってメリットのある通貨だと考えられます。

様々な大企業が提携しているようにこれからも拡大していくと思います。

さらにアップデートにより、承認システム方式が変わることも魅力です。スマートコントラクトが広がれば日常生活に取り入れられ、生活には必須なものとなるような気がします。

イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に比べて価格変動が小さく安定しているので(仮想通貨の性能として優良なので)長期保有には最適だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です